パチンコのイベントコンパニオンの仕事について

美貌を武器に何とか職業にできないかと考えていました

私の生まれは極貧と言われる家庭です美貌を武器に何とか職業にできないかと考えていました貧しい生活から私が脱却できるきっかけになった

こうした悪い友達の仲間も18歳にもなると自覚して仕事に就くようになっていきました。
企業に努めたり、職人として住み込みで修行で働いたりと私に構っていられなくなってしまい、私はまた孤独でさみしい時間を過ごすことになったんです。
そこで自分も友人のようにそろそろ自分で働いて自活していかなければいけにと思うようになっていきました。
しかし高校もろくに行くこともなく、卒業証書を受け取っていないので事実上私は中学卒業しか学歴がありません。
こんな学歴ではバイトでも選抜されて落とされることも多く、非正規で働くことさえも難しい状態でした。
しかし実家には頼れない、実家で生活したくないという気持ちにかられ、自分に一体できるのか良く考え見つめなおすことにしたんです。
自分は唯一親から美しい美貌を受け継いだと思っています。
小さい時から子役としてのスカウトを受けたり、タレント事務所からの誘いもあったのですが、両親が学も無く知恵もないうえに、アルコール依存症で私をタレント養成所に通わす交通費すらねん出することができずに芸能界を断念していました。
今でもスレンダーでスタイルが良く、目鼻立ちが良いのでクラブホステスの勧誘もしょっちゅう受けます。
この美貌を武器に何とか職業にできないかと考えていました。