読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

coconoo doll

素敵な大人になりたいものだ。 coconoo doll は、球体関節人形の制作日記です。あと、ガーデニング DIY エンタメも少し。

我が家にある「わたしにとって大切な。分厚い本。②」六法全書。

里山の人形師 coconooです・

こんにちは。

f:id:coconoo:20170420205618j:plain

 

我が家にある、わたしにとって大切な、分厚い本。

昨日のつづきです。

誰でも知ってる「六法全書」。

 

www.coconoodollblog.net

 

わたしは、ニュースなどで、

「○○法律の○○条○○項に違反、抵触した恐れ…。」とか見ると

ペラペラめくってみたりします。

 

もちろん、これまで一番取り上げられているのが

日本国憲法 第二章 第九条「戦争の放棄、軍備および交戦権の否認」。

「日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、

国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、

国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。」

 

「永久に」と表現された憲法が、ほかの国々にどれほどあるか?は知らないのですが、

何度読んでも、美しい覚悟に満ちた文章だと思います。

これのどこを改訂しようというのでしょうか?

 

現実的でない、

国際情勢に、現状に合わない、

正義の行使なくして国際社会の一員とは言えない、

そもそも日本人の作ったものではない…。

どれも、この条文に比べてその声は「美しく」ない。

 

感情的・感覚的な意見に聞こえると思うのですが、

国は企業でも、営利団体でもない。

憲法の条文に理想が語られなくて、なにが憲法なのでしょう?

 

www.coconoodollblog.net

 

 

今日も、来てくださって、ありがとうございます。