読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

coconoo doll

素敵な大人になりたいものだ。 coconoo doll は、球体関節人形の制作日記です。あと、ガーデニング DIY エンタメも少し。

ビオラの花は種をつけない。「怖い話。知らなかったの、わたしだけ?」

里山の人形師  coconooです。

こんにちは。

f:id:coconoo:20170324125920j:plain

写真は、わたしの庭のビオラの花です。

毎年花のない時期、冬から春が終わるまで

次々と元気に咲いてくれます。

ある日、ふとした思いで

お花屋さんのおじさんに、

「この頃、パンジーやビオラの種が出来ないのだけれど、何が悪いのかしら?」

というわたしに

おじさんは、

どんなことをしても、種は出来ない。

人間が品種改良(遺伝子操作?)して

随分前からそうなっている。

そうしないと種苗メーカーも、儲からない…と。

 

知らなかったのは、わたしだけ?

 

種もつけないのに花を咲かせる…。

すごい衝撃を受けて

綺麗な花がなんだか、怖いを通り越して、不気味に見えて…。

自然への、人間の冒瀆に思えてしまいます。

 

そんなことが、許されるんでしょうか?

国会も今やっている審議より

よっぽど重要な気がします。

一年草は、どんどんそうなっているそうで

もしかしたら、

宿根草や野菜も、タイマーのように寿命が決められるかもしれない。

いや、すでにそうなっている?

蜂や虫は、蜜をとって大丈夫なのかしら?

 

webで検索しても

そんな話が出てこないのも、また不気味に思えて、

どなたか、詳しい方いらっしゃいませんか?

わたしだけ知らなかっただけで

世の中の常識なんでしょうか?

 

今日は、わたしにはとても怖い話でした。

 

 

今日も、来てくださって、ありがとうございます。