読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

coconoo doll

素敵な大人になりたいものだ。 九尾ドール 【coconoo doll】は、球体関節人形の制作日記です。あと、ガーデニング DIY エンタメも少し。

音楽を見つける瞬間。「生きてるって何?」

本・映画・歌・商品紹介 エッセイ的なもの

里山の人形師  coconoooです。

こんにちは。

 

音楽に限らず、文学でも絵画でも「見つける瞬間」がある。

よつばと!のように

大人になっても訪れる、

大切な素敵な瞬間だと思います。

 

www.coconoodollblog.net

 わたしにも、その瞬間がたくさんあるのですが、

そのひとつを…。

 

シンディー・ローパー「シーズ・ソー・アンユージュアル」

シーズ・ソー・アンユージュアル

シーズ・ソー・アンユージュアル

 

 

始めは、「キャンキャンした声で、五月蝿い。子供は好きなのか?」

くらいに、どちらかと言うと、悪い印象だったのですが、

(注:今回もおすすめではありません。amazonでいきなり買わないでくださいね。)

ある日、

確か何か失敗かして?

酷く落ち込んでいた時、ラジオからこの曲が…。

「ガールズ・ジャスト・ワナ・ハヴ・ファン」

 

その瞬間、

「あぁ、この曲、この歌は

  赤ん坊が、少女が、たとえば自閉症児が、

  初めて言葉を喋った、

  世の中に叫びをあげた時の声なんだ…!」

わたしは、ココにいる!

  ちゃんと見つけてくれ!」と…。

 

「女の子はみんな、楽しみたいの!自由に!

  ただ、楽しみたいの…。

  女の子は、ただ今を楽しみたいだけなの! 」

(訳:わたし)

 

と、歌うこの歌は

シンディー・ローパーの、ヒトとしての渇望が聴こえる。

 

そう思った瞬間に

わたしは、この曲に出会った…。

 

そして、わたしは思うのだ。

わからなかったことが、

いつかわかる瞬間が

これからも訪れるなら

わたしはきっと生きているのだろう

生きながら死んではいないのだろう…って。

 

「世界は、わたしに発見されることを、待っている。」

その感覚を喜びたい。

 

www.coconoodollblog.net

 

 

www.coconoodollblog.net

 

 

今日も、来てくださって、ありがとうございます。