読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

coconoo doll

素敵な大人になりたいものだ。 coconoo doll は、球体関節人形の制作日記です。あと、ガーデニング DIY エンタメも少し。

タヌキが来た。「流しの下の骨を見ろ!」

里山の人形師  coconooです。

こんにちは。

 

f:id:coconoo:20161226124708j:plain

 タヌキが庭に来た。

「くっそぅ、可愛いぜ。(失礼)」

丸々と太っていて、やはりわたしを見ても逃げない。

コチラを見てじっとしている。

餌をやりたくなるが、ご近所の農家の皆さんに、迷惑になってしまう…。

「いっそ、近所のおじいちゃんに頼んで、タヌキ汁にしてもらおうか?」

 

 それで、思いだしたのが、

マミーさんの記事。 

mamichansan.hatenablog.com

 

彼女の絵本・童話紹介は、ハズレがなく、

素敵な審美眼をお持ちの方です。

その彼女が、子供の読み聞かせについて、意見を書かれているのですが…。

 基本、わたしは大賛成ですし

子供というのは、頭から子供扱いしなければ、ちゃんと応えてくれるものだと、コメントしました。

その意見の一つに、物語を改ざんしない。というのがありました。

そうだそうだ、と思いながら、

しかし世の中の絵本・童話って既に、元型からは大きく違っているなぁ。

難しい問題だ。

 

グリム童話なんて、ディズニー映画になるたび、改ざんされまくっている。

 

大人もぞっとする初版『グリム童話』
 

 

さて、カチカチ山。

むかしむかし、あるところに…いた、お爺さんとお婆さん。

お爺さんが畑に種を蒔くと、タヌキが全部食べてしまう。

ある日、怒ったお爺さんはタヌキを捕まえ

お婆さんにタヌキ汁にするように、言います。

お爺さんが、仕事から帰り、用意されたタヌキ汁を

「美味しいなぁ〜。」と食べると

目の前のお婆さんが、タヌキの姿に……。

「やーいやーい、食いよった、食いよった。

流しの下の骨を見ろ!」と、囃し立てて逃げてしまう。

 

そこから、ウサギとともに、お爺さんの復讐劇が始まるのです。

(子供が泣き叫びそうな物語。わたしのうろ覚えです…。)

 

〇〇が来た。

コチラは、ナウシカの声で、お願いしております。 

www.coconoodollblog.net

 

 

今日も、来てくださって、ありがとうございます。