読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

coconoo doll

素敵な大人になりたいものだ。 coconoo doll は、球体関節人形の制作日記です。あと、ガーデニング DIY エンタメも少し。

鬼が笑う。「忠臣蔵が好き。」

里山の人形師  coconooです。

こんにちは。

 

f:id:coconoo:20161224151954j:plain

 

年末ですね〜。(←コレばっかり。)

「さぁ皆さま、クリスマスは終わりました。

いいですね?終わったのです。」

 

そこで、年末といえば「忠臣蔵」。

わたしは、好きで、長時間連続ドラマをやっていると、見てしまいます。

 

浅野内匠頭、もう少し城主として、辛抱できなかったのかしら。

吉良上野介、地元では盟主として知られた方ですね。

遠い歴史のお話に限らず、「真相」の難しさでしょうか?

だからこそ、いろいろな「物語」が生まれるのでしょうが……。

 

わたしは、大石内蔵助が、主人を本当は心の中で批判しつつ、

しかし、苦渋の選択で、仕方なく仇討ちに乗り出すパターンが好きです。

 

一番好きな場面は、

城主の敵討ちに、はやる部下たちを見て

大石内蔵助は「一年待て!」という。

「なぜに?」と問うのに

「人の心は、変わるものだ。」

「そんなことが、ある訳ない!」

内蔵助は、カッカッと笑いながら、一喝!

「誰にも、一年後など見通せるものか…!!!

そうまで言うのなら一年後に相見えようぞ。」

 

後は、ご存知のように、少し欠けた四十七士が集まる訳ですが…

一年前とは、全然違う思いが、それぞれの浪士に渦巻いている。

 

仇討ちをした赤穂浪士達に、

世間は「忠孝ここに極まれり」と絶賛する訳ですが……。

 

そんな、「時間」というものを考えさせられる、物語。

 

チョット毛色の違う忠臣蔵

 

忠臣蔵外伝 四谷怪談
 

「目の泳ぐ演技日本一」情けない佐藤浩市

「日本映画史上、一番柔らかそうなおっぱい」高岡早紀が良いです。

 

 

今日も、来てくださって、ありがとうございます。