読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

coconoo doll

素敵な大人になりたいものだ。 coconoo doll は、球体関節人形の制作日記です。あと、ガーデニング DIY エンタメも少し。

死刑廃止。「法律に一個人として求めるコト……。」

里山の人形師  coconooです。

こんにちは。

 

f:id:coconoo:20161208174303p:plain

また、過激なタイトルですが…。

今日は、いつもと違う「わたし」な感じなのですが、ご容赦ください。

 

わたしは、死刑廃止論者です。

 

以前ご紹介した、「内田樹」先生の言葉で、

ハムラビ法典の『目には目を……。』の意味するところは、復讐しても良いという事ではなく、復讐の限界を戒めるものである。それ以上は、やってはならないと。」

流石、心の師、慧眼である。

しかし、だからこそ、わたしは思うのです。

「では、自分の身内が殺されたら、本人ではない自分が、相手を殺してしまっていいのか?。それは復讐の限度越えていないのか?」

法律では、死刑のある国なのですが、わたしは反対です。

 

殺人は法律のもとであれ、人が人を裁く上限を越えているのではないか?

殺人は、個人であっても、国家であっても、容認すべきモノではない。

それは「生命の尊厳の限度」を越えている。

どんな凶悪な人間であっても、将来において更正する、人として成長する可能性を見切ってしまっていいのか?と……。

(絶対的な、矯正不可能な悪人が存在することは、わたしも知っています。

そして被害者が、加害者の死刑によって、ほんの少しでも救われることも…。)

これは根源的な、「人というもの」に対する希望です。

それを法律が棄てては、ならないと考えています。

 

話はここからが本番で、

では、わたしの愛する人が、不条理に殺されてしまったらどうする?

例えば、愛する坂津さん(id:sakatsu_kana)が、

その融通無下で自由奔放なブログのせいで、誰かのあらぬ反感を買い殺されてしまったなら……。

わたしは、警察より早く犯人を、地の果てまで追い詰め、自分の人生を無駄にしても、犯人を殺そうとして、罪を犯すのでしょう。

 

 

ブラットピッドさんの「セブン」を観ていて、刑事だからこその、その苦悩の深さは分かります。

 

セブン (字幕版)

セブン (字幕版)

 

 

でも、国の人としてこうあるべき理想と、わたしが思う、人としてこうあるべきは違う。

それが、当たり前なのだと思います。

別にわたしの意見が正しいかどうか?を主張したいのではなく、

そもそも論点が違うのだと、思うのです。

 

報道の方々が、死刑廃止論者にむかって、

「では、あなたのお子さんが殺されても、同じ事を言えますか?」

と、問うのはやめて頂きたい。

まったくの別問題なのだ。

 

だから、

報道陣の人。

被害者にむかって、

「犯人に一言?」というのだけは、やめてくれ。

「殺してやりたい。」「死刑にしてくれ。」と、聞けば満足なんだろうか?

 

「セブン」を観ていて、

少し前の事件で、凶悪犯罪に巻き込まれた父親

インタビューに凛として応えていた事を思い出してしまったので、

「わたしの思うこと。」を書いてみました。

 

まぁ、別の話ですが…今日の厚木裁判もそうですが、

国民の民意に、国益が優先する、そんなことはあってはならない。

個人がどれだけ強くあらねばならないのか?

一個人の意見です。

 

 

今日も、来てくださって、ありがとうございました。