読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

coconoo doll

素敵な大人になりたいものだ。 九尾ドール 【coconoo doll】は、球体関節人形の制作日記です。あと、ガーデニング DIY エンタメも少し。

天才 市川 春子。「ひとでなし」への共感。

本・映画・歌・商品紹介

里山の人形師 coconooです。

こんにちは。

25時のバカンス 市川春子作品集(2) (アフタヌーンKC)

このところ、アニメや漫画の紹介が続いております。

 

それくらい、生活が冬になって停滞している、

もしくは「薪」づくりでいっぱいいっぱいの coconooです。

 

今日は漫画家 市川 春子さんのご紹介です。

 

自分の指から生まれ成長した「娘」に恋をする男。

彗星から落ちた、知性を持った部品が「妹」に成長するのを助ける高校球児。

虫との合成で生まれた「弟」と兄。

月に住んでいた、壊れゆく「王子」と、虚無につかれた男の友情。

貝になってゆく「姉」を見守る弟。

 

2冊の短編集なのですが、そのどれもが静謐な美しさに満ちている。

人でないもの、人でなくなってゆくものとの交流が

とても胸にしみるのは、わたしが女だからでしょうか?

 

以前、ご紹介した

原幸子(よしはら さちこ、2002年11月没)さんという詩人に通じるものを感じます。

 

なんだか人とはどこかすれ違う、

異性も、同性も、愛していても、最後の最後までは「同じ」になれない。

でも誰か、人でなくてもいいから、一緒にいたい。一緒になりたい。

そんなわたしの気持ちが、そのままのカタチでそこにある。

 

 風 吹いてゐる
 
木 立ってゐる

ああ こんなよる 立ってゐるのね 木

                     (吉原幸子 「無題」より抜粋)

虫と歌 市川春子作品集 (アフタヌーンKC)

虫と歌 市川春子作品集 (アフタヌーンKC)

 

 

女性原理の究極と、そこに現れる寂しい風景を見るようです。

いままでどんな女流漫画家も、描けなかった世界を見せてくれた

天才です。

 

いま、彼女は鉱物でできた少女たちの物語を書いています。

 

好みは大きく分かれる、作風ですから

本屋さんで、まず立ち読みしてみてください。

男性向けのアニメや漫画で、ロボットが人間味を帯びて来て、そこに萌える物語が多く見受けられますが、それとは立脚点も内容も真逆の物語です。

特に女性でハマる人は、きっと大切な宝物が増えます。

 

 

今日も、来てくださって、ありがとうございます。

 

 

 

広告

【わたしcoconooも、お名前.ComではてなProにしました。】