読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

coconoo doll

素敵な大人になりたいものだ。 九尾ドール 【coconoo doll】は、球体関節人形の制作日記です。あと、ガーデニング DIY エンタメも少し。

「恋を何年休んでますか?」眞木準さんのこと。

本・映画・歌・商品紹介 エッセイ的なもの まったくの私信 御免

里山の人形師  coconooです。

こんにちは。

f:id:coconoo:20161124151536j:plain

 

タイトルのコピー「恋を何年休んでますか。」は、

広告コピーライターの第一人者だった、 眞木凖さんの、名作コピーです。

 

今や、TBSのテレビドラマの方が有名になったかもしれませんが…^_^。

ドラマは小泉今日子飯島直子黒木瞳、それぞれの不倫物語…。

なんて分かりやすい配役…。

 

 

眞木さんの名言で、忘れられないのが、(コピーではない。)

何かのパーティーで、ご一緒して、

わたしがシャンパンを頼むと

その細かな泡のたつ、グラスを見つめながら

シャンパンは嫌いだ。結婚式の味がする…。」

と、憎憎しげに言われていたことを思い出しました。

確か、彼はそのときバツ2。(笑)

 

彼は、わたしには、素敵な男の大人の人として忘れられない存在です。

もう、亡くなって10年になろうとしている…。

「時代の気分」を掬い取るより、「人生の普遍的なもの」を掬い取る

彼の仕事はこれからも、忘れられないでしょう。

 

恋を何年休んでますか?」そんな風に 

問いかけられると、考えちゃいますよね。

 

わたしはかなり休んでいます。

 

恋の期間は9週間と1/2しか持たない、と書いたことがありますが…。

 

www.coconoodollblog.net

 ホント、そんなもんでしょう?。

実は「恋」が「愛」に素直に育つものでは、あまりない。

これは、「別物扱い」したほうがいいんじゃないか?と思っています。

「恋」をしたから「結婚」なんて、とんでもない。

 

「恋」と言うのは

映画「ナインハーフ」でも、そうでしたが

相手ばかりをじっと見つめて、その中に自分を探すことのように思います。

女性なら、あの少女のころの「恋に恋をしていた季節。」ですね。

そのとき、相手も自分ばかりを見ている…と、

それはそれは、燃え上がるものですが…。

逆に「愛」は

その相手を見ずに、その相手が見ているものを、見ている先を、自分も見ようとする。

「わたしはこうしたい。」ではなく

「わたしたちは、こうありたい。」と考えられることのような気がします。

人格がパーソナルなものであるか?拡大するか?

それは簡単に「成長物語」では、語れない。

 

コレは、わたしだけの言葉ではなく

同じような「ものいい」は、小説や漫画でよく見かけます。

 

しかし、「恋」はしたい。

何せ、他のことがどうでもよくなるくらい熱を帯び

自分が自分でなくなる期間も、誰かの人生になってしまうことも

自分の人生には必要なのだ。

それはパーソナルな「病」といっしょだ。

自分ではどうしようもなく「風邪」を引くように「恋」に落ちる。

 

というわけで、

www.kana-ri.com

まったくの私信ですが、

坂津さん (id:sakatsu_kana)  

「愛」に溢れた人生だけでは足りないものがあるのです。  

 

(しかしなぁ…、坂津さんて、

若いころはモテないオタクで、

大人になって一気に仕事で、

そして、恋人や奥様のおかげで成熟したタイプだからなぁ…。

平気で「僕には妻子があるから、本気にはなれないよ。」とか

つまんないこと言い出しそうだしなぁ。)         

…(カッコ)が長い。(笑)

 

寂しい季節がまた来ます…。

 

 

今日も、来てくださって、ありがとうございます。

 

 

【わたしも、お名前.ComではてなProにしました。】