読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

coconoo doll

素敵な大人になりたいものだ。 coconoo doll は、球体関節人形の制作日記です。あと、ガーデニング DIY エンタメも少し。

マイ ベスト 映画。「フィッシャー・キング」

里山の人形師 cococnooです。

こんにちは。

フィッシャー・キング [DVD]

 

フィッシャー・キング (字幕版)をAmazonビデオ-プライム・ビデオで

今日は、あまり知られていない、(…であろう)

でも、わたしのお勧め映画です。

(マイベスト10にはいる。)

 

舞台はNY。過激なトークで人気絶頂のラジオDJが、ある日、彼の不用意な発言がきっかけで、熱狂的ファンが銃乱射事件を起こし、地位も名誉も失ってしまう。

3年経ったある日、彼はパリーと名乗るホームレスと出会う。

彼はその3年前の事件で、妻を目の前で失い、精神を病んだ元大学教授なのだが、二人の間に奇妙な友情が芽生えていく・・・。

テリー・ギリアム監督(あまりテリー・ギリアムぽくない…そこが好い。)

ジェフ・ブリッジス ロビン・ウィリアムス主演(なぜ?自死を選んだ?ロビン…泣)

アーサー王と聖杯伝説を下敷きにした、すばらしい物語…。

 

年代・世代によって、いろんな見え方が広がる映画だと、思います。

わたしは、何度観ても発見があり、すがすがしい気持ちに満たされます。

 

「責任」ということ…。

わたしの心の師、内田樹先生もおっしゃっていましたが

「責任なんてものは、誰にも取れないものだ。

“目には目を”のハムラビ法典

目を奪われたから、その分仕返しをしてもいいと言うことではなく、

それ以上は追求してはならない、と言うこと…。

 

誰にも責任が取れないからこそ、

(わたしにも責任は取れないことは知っているが…。)

わたしが責任を持ちます。と言うのだ。

それが成熟した大人ということだ。」

(意訳:わたし。正確でない場合があります。)

 

困難な成熟

困難な成熟

 

 

わたしには、この映画は

どうしても責任がとれないことから、逃げないでいることが生む奇跡。

それは、ご都合主義のハッピーエンドでは決してない、

この映画の深みです。

 

ご興味をもたれた方は、是非。

 

 

今日も、来てくださって、ありがとうございます。