読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

coconoo doll

素敵な大人になりたいものだ。 九尾ドール 【coconoo doll】は、球体関節人形の制作日記です。あと、ガーデニング DIY エンタメも少し。

恋のリーマンショック。「恋の期間は、9週間1/2。」

本・映画・歌・商品紹介 エッセイ的なもの

里山の人形師  coconooです。

こんにちは。

f:id:coconoo:20161117163051j:plain

 

わたしのブログの読者の方々には、

もう既に、お分かりだと思うにですが、

わたしは、凄くモテる。(笑)

というか、モテた。(小学生高学年から高校生まで)

 

特別、可愛いわけではなく、実際「可愛げ」もないのだが、

黒髪ロングヘアーで、いつも伏し目がちの大人しい子は、需要がそれなりにあった。

 

当時、ケータイはあったが、持っている子供なんて居なくて、

ポケベルは中学時代から流行り出したが、

わたしは持たないままだった。

 

 

毎月、一度以上は、決まって講堂の裏とかに呼び出されたり、

手紙を貰った。

(今の子供たちの恋愛事情は、スマホとかで大きく変わっているんだろうなぁ…。)

不思議なことに、告白?は大体月末にかけて集中していました。

 

わたしは、女友達に「生理じゃないんだから…。」(←本当に可愛げがない。)

と言いながら、本当に心底嫌だった。

 

相手は、わたしより(165cm〜)大きな男の子が多くて、

人気ものだったりして、

それが余計に、

女同士の軋轢を生んだり、振られて勝手に傷ついた男の情念?みたいなものが、邪魔くさかった。

 

どうして?ふるほうが「ごめんなさい。」って、謝らなけれいけない?

とか、思っていました。

 

たまに付き合うこともあったのですが、

全然面白くなく、大切にされても、自分の女扱いされても

わたしには「モノ」扱いされている感覚しかなくて、不愉快でした。

 

そんなある日、「お前ら童貞か?フォークダンス事件」があり…。

それはコチラ。

 

www.coconoodollblog.net

 あぁ、わたしの青春時代も終わったな。

「わたしの株も大暴落だ。」(←ココがリーマンショック 笑)

と、思っていたら、

更にモテだしてしまいました。

 

結局「心が開かれているかどうか?」より

「カラダが開いていそう…。」というのが、良いんだな!

と、わたしは思い、暗い少女時代を過ごしたわけです。

 

大学生からは、

このサバサバしたというか?

バッサバッサの性格が、一目で見破られるようになって

わたしの「モテキ」は終了したのでした。

 

 

それで、映画「ナインハーフ」。

若い頃のミッキーロークが見たいと思って、観た映画です。

Amazonプライムでも観れるようです。

www.amazon.co.jp/pv/

 

ナインハーフ(字幕版)

 1980年代半ばの公開だったと思いますが、

当時、過激なエロチック・ラブロマンスとして、一世を風靡したようです。

 

お互い全く知らないもの同士が恋に落ち、

彼女をSMちっくに、奴隷のように、モノのように扱いが

エスカレートする男。

その彼に、歓びを感じる女。

マネをした、黒歴史を持つ男女も多いのではないでしょうか?(笑)

 

しかし、それはお互いの現実の姿を知ってゆくことで、壊れてしまう。

成熟しているはずの男女が、お互いの愛し方を見つけられないまま、

別れてしまう。

恋が恋のままであるのは

自分に内在化した恋に恋する最大期間は、

持って9週間と半分…。

そんな映画です。(←個人の感想です。異論もあるかと?)

 

昨日、改めて観て

初めて観た時のセンセーショナルな感じは薄れていて

通底する「もの哀しさ」の方が、胸に来ました。

 

わたしも大人になったのか?(笑)

 

 しかし、キム・ベイジンガーは雨が似合う。

ずぶ濡れ、泥だらけが映える女優だなぁ〜。と、思いました。

 

 

 

今日も、来てくださって、ありがとうございます。

 

 広告