読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

coconoo doll

素敵な大人になりたいものだ。 九尾ドール 【coconoo doll】は、球体関節人形の制作日記です。あと、ガーデニング DIY エンタメも少し。

ファンタジーは「もう、戻れない。」感が大切。

本・映画・歌・商品紹介

里山の人形師 coconooです。

こんにちは。

 

昨日は「となりのトトロ」でしたね。

また、見てしまった。

あの、木をぐんぐん育てるダンスやまっ黒くろすけ、大好きです。

 

となりのトトロ」は、一言でいえば、サツキちゃん(小学四年生くらい〜?)が

いろんなものを抱え込むだけ抱え込んで、単に大人びているというだけではなく

お父さんお母さん、その他大人にとって「都合のいい女の子」が、決壊する物語。

以上。(笑)

千と千尋の神隠し カオナシ 風 衣装セット (衣装、マスク、手袋) コスチューム 男女共用 フリーサイズ

変わって画像は宮崎駿監督の「千と千尋の神隠し」のカオナシです。

 

いきなり違う話ですが、わたしは「あ゛ぁ…。」と真似るのが上手い。

 

わたしはジブリ映画の中でも「千と千尋の神隠し」は、一押しな作品なんですが、

なんといっても、あの全編に通底する「もう現実には帰れない。」感がすばらしい。

 

両親がブタにされて、豚舎に入れられ

名前を取り上げられ

さらに、そこで仕事に就いてしまう

もともと、引越し途中で異空間に踏み込んでしまう、というのもいい。

異世界で、仕事に就いちゃうんですよ。そりゃもう戻れない。(笑)

 

「あぁ、もう戻れないんだ。」という世界観は、

なかなか作り上げられるものではなく、そしてそれはファンタジーの要諦だと思います。

 

このごろ見かける小説やアニメは簡単に異世界に馴染みすぎる。

いつまでもブラブラして、職にも就かず、どうやって食事して、暮らしているのかが分からない。

それなのにいきなり勇者になったり、モテたりする。(笑)

それでは現実の世界で、都合のいい「夢を見ている」状況と、変わりがない気がします。

 

そんな「違う世界に踏み込んでしまう」世界を上手く描けているなぁ、

とわたしがお勧めする軽めの本を2冊、幻想文学とSFをご紹介します。

(少しジュブナイル 若向きです。)

 

夜市 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

 

 

旅のラゴス (新潮文庫)

旅のラゴス (新潮文庫)

 

 ご興味があれば是非。

 

これからは、本や映画のご紹介記事も書いてゆこうかな?と思っています。

今まで考えもしなかった、アフィリエイト?とかもやってみたいなぁ〜と

 おめぐさん(id:hitsujinoikuji)がとても素敵で、力まず自然で楽しそうだ。

おめぐさんはきっととても可愛い方だと思います。

旦那さんとラブラブで、わたしより少しだけ、ほんの少しだけ、ほ〜んの少しだけ若い方です。

……しつこい。

(いまだわたしは、アドセンスの申し込みさえできていない…が。)

ちょっと、自分なりの感じ方を楽しく書ければなぁ。と…。

 

www.coconoodollblog.net

 

 

 

今日も、来てくださって、ありがとうございます。

 

 

広告