読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

coconoo doll

素敵な大人になりたいものだ。 九尾ドール 【coconoo doll】は、球体関節人形の制作日記です。あと、ガーデニング DIY エンタメも少し。

ヨコ乳の魅力。「人形が苦手な方は、ご注意ください。」

球体関節人形 まったくの私信 御免

 

里山の人形師 coconooです。

こんにちは。

今回、人形の裸の写真が苦手な方は、見ないでくださいね。

 

まったくの私信です。 7号

坂津さん。坂津さん。

アホ夫婦 - 『かなり』

今回は「ヨコ乳」ですよ。「ヨコ乳」。

 

というのはこの前、わたしのブログに「スカートめくり」で2件の検索流入がありました。

どうなってしまうんでしょう?この世の中?

「スカートめくり」を検索して来てくださった方の期待には、きっと応えられませんでした…^_^。

 

「閲覧注意」に続いて、激レアな検索流入を狙います。(笑)

「スカートめくり」の記事はコチラ。 

www.coconoodollblog.net

 というわけで、(←どういうわけで?)

今回は「ヨコ乳」です。(笑)

 

f:id:coconoo:20161022110131j:plain

写真は、現在進行中の「初音ミクさん」モデルの人形です。

 

女性の乳房というのは、身体構造的に胸前面の肋骨の緩やかな局面に、水を入れた風船球を独立して載せたようなつくりになっています。

そんなわけで、脇下に肋骨が急激に回りこんでゆくとき、こぼれたように、ヨコにはみ出たところの曲線が「ヨコ乳」です。

ここに美しさを感じるか?淫らさを感じるか?は見る人次第ということで…。

 

f:id:coconoo:20161021201710j:plain

わたしが特殊なのかも知れませんが、わたしは乳房にあまり必要性?重要性?を感じません。

いつか赤ちゃんができれば、心底納得するのだと思いますが、

男性が感じるとされる「魅力」は全然わからない。

女性が自分の乳房の小ささ、カタチを気にするのも、男性の意趣を反映しただけにしか思えない。

(アニメとかで良くありますが…。男性の欲を反映しているだけで、現実はどうなんでしょう?)

わたし自身はそんなに大きな方ではありませんが、運動に邪魔だし、男性の視線も邪魔だと、若いころから感じていました。

それなのに、どんどん身体は勝手に大人になってゆく、不条理と戸惑いと違和感のほうが大きかったです。

そんな失われた14歳くらいまでを人形で表現したい。

 

何が言いたいのか?というと、いつものように何もないのですが、

「男性諸氏、女性はいまあなたの視線が何処を見ているか?全部知ってますよ!」

というようなことでしょうか?(笑)

 

女性は男性の一部が「欠損」したものとして生まれ、その絶望から自ら女になる。

とは、フロイトだったかユングだったか?を引用して「綿の国星大島弓子を評論していた橋本治を思い出しました。

うろ覚えですが、大きなお世話だと思いながら、わたしはフェミニストでもないので、わかる気もします。

 

人形を作っていて思ったこと…でした。

 

昨日の記事で、わたしの写真を褒めてくださった方々、

(慰めてくださった方々?^_^。)ありがとうございます。

わたしは雰囲気優先でしか撮っていません。

このブログの写真は全部、お人形写真を含めスマホです。

精進しようと思います。

 

 

今日も、来てくださって、ありがとうございます。