読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

coconoo doll

素敵な大人になりたいものだ。 九尾ドール 【coconoo doll】は、球体関節人形の制作日記です。あと、ガーデニング DIY エンタメも少し。

自分で作るわたしの家。3「ただの床。」

エッセイ的なもの 日曜大工女子。〇〇 自分で作ったよ!

里山の人形師  coconooです。

こんにちは。

f:id:coconoo:20161015150922j:plain

今日はただの床ですね。

これは2F。家が完成する前に、大工さんが仕事をするとなりで塗り上げました。

床が塗られていないと、家具が入れられない。

それでは住めない。

これはワトコオイルという植物由来の油性浸透オイルに、白い油性塗料を半々に混ぜ、半畳塗っては5~10分で、乾いてしまう前に厚手の雑巾でふき取る。

ということを繰り返しています。

 

ワトコワックス ナチュラル W-15 1L

ワトコワックス ナチュラル W-15 1L

 

 これを「まぁ、流行のオシャレなカフェのようで素敵。」とみるか、「なんだかムラムラしていて薄汚い。」とみるかは、趣味の問題でしょう。(笑)

ただ、すでに5年以上が経過し、雨が吹き込むとことは木目がでて来ているのですが、それはそれで「風合い」かと…。

さっき、インターネットで調べたら、あまりそういう使い方(オイルに他の塗料を混ぜる)はしないようですが、都会にある、乱暴=素朴な塗装のカフェより、風合いとか、木の防腐効果とかは良いように思います。

興味を持って試される方は、是非小さなところから、且つ自己責任でお願いします。

 

この床もそうですが、家全体が、建った瞬間から、もともとそこにあったような…すでに何年もたって古びたような家が理想だったので、わたしは満足しています。

 

話は変わりますが、家といえば…、

以前にも書いた覚えがあるのですが、わたしの家の周りの人家は少ないのですが、近くに公営の公園と、その駐車場があり、庭がわの舗装もされていない小さな道を、休日ともなると家族連れや恋人たちがいっぱい来る。

休日は、多いと10家族くらい。

 

www.coconoodollblog.net

 それは、それで子供の歓声が聞こえてくると、微笑ましい思いにもなるのですが、困ったのは道行く、たぶん都会から来た方が、

「素敵なお庭ですね?」

「ここは何かのお店とか工房ですか?」

「素敵なうちだなぁ。こういうところに住んでみたいなぁ。」とか、

声をかけられてくる。二言三言、言葉を交わすのですが…。

相手が小さな子供を連れた家族とか女性なら大丈夫なんですが、犬を連れた男のひと一人とか、ちょっと昔はやんちゃでしたご夫婦とか、正直怖い。

相手はわたしの顔も家も知っているのに、わたしは相手のことを何も知らない。

考えすぎでしょうか?

 

それで、思い出した。

これもたぶん5年位前のお話。

バスを降りると、小さなランドセルの男の子が一緒に降りた。

「こんばんは。」

「こんばんは。こんな時間に大丈夫?」

(わたし=いつものように声はナウシカでお願いします。)

既に時間は夜の10時近い。

「はい、〇〇の塾に行っていました。方角が同じならご一緒してもよろしいでしょうか?」

「えぇ、うれしいわ。この道暗くて怖いもの。」

「はい、学校でも、挨拶は自分からかけること。夜は大人の女の人がいたら、声をかけて一緒にいてもらうように言うこと。と教わっています。」

「えらいわね、おいくつですか?」

(小さな子供に、〇年生?とか〇才くらい?とか、こちらから言ってはダメです。

大きくても、小さくても、本人を傷つけます。そのくらい、このころは1歳の差が大きい。)

「先月、10歳になりました!」

(幾分胸を張る男の子)

「この時分は暗くなるのが随分早くなったから、気をつけないとね。」

「本当ですよぉ~。」

本当に困ったものだ…と眉根を寄せるのが可愛かった。

 

この後会うことはなかったが、あの子はもう高校生?

元気にしているかなぁ。

 

 

今日も、来てくださって、ありがとうございます。