読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

coconoo doll

素敵な大人になりたいものだ。 九尾ドール 【coconoo doll】は、球体関節人形の制作日記です。あと、ガーデニング DIY エンタメも少し。

わたしのちょっと変わった乗り物遍歴。2-2【冒険後編】

想い出【厳選 笑】

里山の人形師 coconooです。

こんにちは。

 

今日は前日の四国一周自転車旅【後編】

 

この旅は、観光でもなく、ましてやお遍路巡りでもない。

兎に角、四国一周とか、自分だけでできるのか?を試す旅でした。

結局、ここに書ききれないほど、親切な人たちに助けられましたが…。

 

危ない目にも、会わずに済みました。

ボロボロに汚れたわたしに、声をかけて来る男の人はいませんでした。

いたら、それは相当危ないか?と気は張ってました。

地方図 四国 全図 (地図 | マップル)

 

わたしは道後温泉に浸かりながら、自由に使える所持金が400円という状況。

残り350km先の距離の我が家を思いながら、

「まぁ、倒れるまで走るか?」と、ぼんやり決意しておりました。

 

翌日は早起きし、松山から香川の高松港へ。

水だけ飲んで250kmを、うどんの誘惑を何度もなんども振り切るように一気に走り、フェリー乗り場に夜到着。

お腹に荷物を抱いて、空腹をごまかし朝イチの神戸港行きに乗るため寝て、覚めると外は大雨。

予報を聞くと、何日かこんな天気らしい…。

 

決意して、フェリーに乗り、雨のなかを神戸から我が家へ。

時間は昼前、あと100km。

ポッケには小銭400円。

飲まず食わずで走っていると、どんどん雨で体温が奪われて行く。

季節はまだ春先。何かエネルギーになるものを食べないとヤバい雰囲気になったところ、前方に銭湯の暖簾が。

わたしは、身体を強制的に温めることを選び、びしょ濡れのまま番台にお金を置いて、湯船にザブン。

「あぁ、多分死ぬとこだったなぁ。」と思いながら、充分に身体を温めて出て、びしょ濡れの服を絞っていると、

番台のお母さんから「どうしたの?」の声が。

 

わたしは今の状況を話すと

「牛乳飲みなさい。牛乳、栄養あるから。」と、2本奢ってくださいました。

さらには、やはり飴ちゃんをいっぱい。

 

www.coconoodollblog.net

この、飴ちゃんは有り難かった。

ガリガリ口の中で噛み砕きながら、糖分摂取し、雨の中を再び疾走。

 

家に着いたのは、夜8時くらいでした。

家族は、おじいちゃん、おばあちゃんを家に呼んで、すき焼き鍋を囲んでいるところでした。

突然現れたわたしに、みんな吃驚した表情。

もちろん、大体の到着時間は知らせてありましたが、後で聞くとあまりに相貌が変わり「自分の娘には見えなかった(笑)」そうです。

 

「すき焼き食べる?」

今そんなものを口にすると、確実に吐いてしまうので、お風呂の間に卵のお粥を作ってもらい、3口4口食べて、すぐベットへ。

 

 「あぁ〜。楽しかった〜。」

わたしは、翌日の夕方まで爆睡したのでした。

 

 

今日も、来てくださって、ありがとうございます。