読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

coconoo doll

素敵な大人になりたいものだ。 coconoo doll は、球体関節人形の制作日記です。あと、ガーデニング DIY エンタメも少し。

わたしのちょっと変わった乗り物遍歴。2-1【冒険前編】

里山の人形師 coconooです。

こんにちは。

 

今日は以前、ご披露させていただいた

自転車での旅のお話です。

www.coconoodollblog.net

 

わたしはかなり早い時期に大学受験に失敗し、ヒマになりました。

親が国公立一校しか、受けさせてくれず、みんなが私立は併願や受験に忙しい時期に既に、浪人が決定していました。

その浪人も、父親ははじめ許してくれず、土下座してお願いし赦しを請いました。(笑) 

たぶん自分の職業につながる工学系にやりたかったようですが、わたしはまったく畑違いの分野へ…。

 

で、わたしはせっかく時間がいっぱいあるのだから、

「ちょっくら、旅にでも出るか?」と、

自転車にタイヤの予備と、寝袋をくくりつけ、大阪から四国一周の旅に出たのでした。

地方図 四国 全図 (地図 | マップル)

大阪南港からフェリーで徳島にわたり、一路室戸岬へ。

時計の周りに一周しました。

 

途中、お米を炊いたのだが、塩がない。

近くの民家に「お塩、分けてください~。」というと、おばあちゃんがお昼のおかずを、見ず知らずの子供を居間にあげて、ご馳走してくれたり。

高知から足摺岬宿毛へ走っている夜中、足が疲労でひとこぎもできなくなり、街灯もない国道の真ん中で倒れていると、通りかかったザボン?をいっぱい積んだ農家のおじさんが軽自動車で通りかかり、自転車といっしょにフェリー乗り場まで乗せてってくれたり。

 

ちなみに、疲労の極限を超えると、人は簡単に幻覚を見ます。

この時も、暗い車も通らない夜中の道を走っていると、ガードレールから顔を半分覗かせてこちらを睨むおじさんとか、道に覆い被さるように生えた大木の枝から、ぶらぶら揺れる縊死死体とか…^_^。

わたしは、目の前にぶら下がった足にぶつからないように、道の端に避けて走り続けました。

 

フェリー乗り場まで送ってくれたおじさんからは、両手で抱えきれないザボンをもらい、でも困ってしまい、わたしと同じようにフェリー乗り場で一晩を過ごす人たちに、そのザボンを分けて回ったり。

 

ここまで書いて、きっと読者のおじ様方は「おいおい女の子が一人で大丈夫かい?」とご心配をかけているか?と思います。

もちろん襲われた時のベルや痴漢スプレー対策。夜寝るときは、フェリーや高速バスの発着場。

(深夜営業のレストランや喫茶店より、色んな他人の目があり、よほど安全なようです。)

なんとか、怖い目には会わずに済みました。

 

そうやって、たくさんの見知らぬ人に助けられながら、

旅も5日目の夜。

 

わたしは道後温泉の気持ちのいい湯に浸かりながら、

「あぁ、あとフェリーのお金を除いたら、400円しかないやぁ~。」

と、残り350km先の距離の我が家を思いながら、

 

「まぁ、倒れるまで走るか?」と、ぼんやり決意しておりました。

 

長くなるので初の【前編・後編】です。

 

 

今日も、来てくださって、ありがとうございます。