読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

coconoo doll

素敵な大人になりたいものだ。 九尾ドール 【coconoo doll】は、球体関節人形の制作日記です。あと、ガーデニング DIY エンタメも少し。

顔。「人形の苦手な方は、今日は本当にご注意ください。」

エッセイ的なもの 球体関節人形

里山の人形師  coconooです。

こんにちは。

 

f:id:coconoo:20160919184118j:plain

写真はアフリカの、多分バン族の仮面です。

 

仕事でパリに行った時、蚤の市みたいなところで買い求めました。

一木彫りで、塗装は土と樹液をして混ぜたものの様で、彫る刃物も彫り跡が今のものではありません。わたしの目に狂いがなければ本物。他にも2つ買いました。

洗面所に飾ってます。

(この手のお面は、偽物が一杯出回っています。ちゃんとしたアンティーク屋でも偽物だったりする。)

 

祭礼や儀式で使われていたものでしょうね。

わたしなどは、この造形の見事さに声もない。

プリミティブなエネルギーの表現とは、こういう事を言うんだろうなぁ〜と。

これ以上の何を求めて、わたしはモノと向き合うんだろう……と、落ち込むのですが、暫くするとまた手を動かしている。

 

 

わたしが作る人形を、他の人が見て、

「あぁ、少女がただただ小さくなったようだ。」と、感じさせたい。

その為には、リアルに作ればいいと言う訳ではなく、小さくしたなりの強調や単純化が必要になります。

そこが凄く難しい。

ここからは、人形が苦手な方は読まずにいてください。お願いします。

 

たとえば、一作目(ブログトップの人形)の眉。

筆で描いただけでは、綺麗過ぎる。

粘土を生乾きの状況で、引っかいたり、少しでこぼこにしてみたり…。

それでも納得できなくて、結局、自分のうなじの産毛を抜いて、何本か植え付けています。

(苦手な方でなくとも、ゾッとするのかしら? でも毛髪は人毛を使うことも多いんですよ。)

 

 顔にしても、胸にしても、お尻にしても、完全に左右対称には作らない。

まぁ、わたしには技術的に作れないということもあるのですが、あまり対象性を意識すると、胸なんかマネキンのようになってしまう。

柔らかさというのは、均整から少しだけずれたところにあるのかもしれません。

 

それから、爪や歯。お臍や乳首や性器…

 

www.coconoodollblog.net

 いくらでも、リアルにはできるのですが、そうしたいのではなく、その部分部分の特別な柔らかさとか、肌とは違う堅さとかをシンボリックに表現したいのです。

そのとき、一作目でどうしても作れなかったのが「お尻の〇」。(笑)

なぜか?「そこまでは、いいんじゃないか?」の声。わたしの中で手が止まってしまいました…。

 

人形は今、どんどん詰めの段階に入っています。

日々、こんな「しょーもない事」に悩む毎日です。

無理やり、下品な話をしたいのではありませんが、共感はなかなか得られないかも知れないことでしょうね。(笑)

気分を悪くされた方、すみません。

 

 

今日も、来ていただいて、ありがとうございます。