読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

coconoo doll

素敵な大人になりたいものだ。 九尾ドール 【coconoo doll】は、球体関節人形の制作日記です。あと、ガーデニング DIY エンタメも少し。

羅宇屋開業。「素人研ぎ屋さんへの道。」

エッセイ的なもの

里山の人形師  coconooです。

こんにちは。

 

f:id:coconoo:20160918155111j:plain

今日は羅宇屋開業。

煙管 - Wikipedia

江戸時代の煙管の修理屋さんですね。明治にはもう、ほとんど無くなっていたようですが…。 

羅宇屋さん。煙管の修理と併せて包丁研ぎもやっていたらしい。

以前ご紹介させていただいた、小学校の友人の大工さんの父親に、惜しげもなくいろんな道具をいただいたお話をしましたが…。

 

www.coconoodollblog.net

 砥石も沢山いただきました。

わたしは、以前から包丁やノミは自分で研ぐので、とても重宝しており、

1〜2ヶ月に一度は研いでいます。主要の研ぎ石は手前の3つ。柔らかい、あら研ぎの奴は、かなりすり減って来てます。

もちろん、素人の研ぎなので、1ヶ月くらいで鈍ってくるんですが…。

研ぎたては、野菜もサクサク切れて気持ちがいい。

 

凄く安く地域を、軽トラ虎四郎号で「羅宇屋」として回れないかしら…?

「らうや〜。らおや〜!刃物、包丁研がせて頂きます〜。え〜、らうや〜。らおや!」

もっと、自分の腕に自信がついたら、できそうな気がする。

修行に修行を重ねたら、そこそこいけそうな気がする。

そんな生活もアリな気がする。(笑)

 

日本で、職業につくことは、サラリーマンになるか?大きなチェーンの傘下に入るか?それ以外ないとは言わないが、競争の洗練化が、日本をどこも同じ風景にしているような気がします。

 

 

今日も、来てくださって、ありがとうございます。