読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

coconoo doll

素敵な大人になりたいものだ。 coconoo doll は、球体関節人形の制作日記です。あと、ガーデニング DIY エンタメも少し。

貞子が来た。改め…。

里山の人形師 coconooです。

こんにちは~~~。

 

まずは、昨日のわたしの質問に答えてくださった皆さま。本当にありがとうございました。

こんなにたくさんコメントをいただけるとは、思いもよらず、一日中ニコニコでした。

(いや待てよ、コメントを貰うために質問形式にするというのは、イイ手かも知れない………爆^_^。)

S.H.フィギュアーツ 山村貞子

 

 

今日は髪型のお話です。

わたしは昔、学生のころ黒髪ストレートのロングという髪型でした。

それだけを言葉で聞くと、なんだか素敵なお嬢様?という印象ですが

実際には「貞子さん」が近い。(そう言われた事はないが…笑)

重~くて、黒~い髪は、風にさわやかになびくことはなく、いつも引きずるように歩いていました。

 

それが、先日のブログで書いたように、オープンカーに乗るようになって

www.coconoodollblog.net

 

髪型がそのままでは、髪が風に巻き上がって、結んでもかなり危険。ともすると、命の危険。

(風の巻き込みと言って、その頃の車もそれほど髪がバタつく事はなかったのですが…。それでも、運転していて歩道のガードレールに引っかかったり、目の前を髪で塞がれると、それはそれは危険。)

 

別にこだわりがあって長くしていたわけでもないので…(面倒なだけでした。)

そのとき一気に顎にかけて毛先を斜めにそろえるボブカットに。

イメージは今でいうと、パルプフィクションのユアサーマン。

しかしわたしとて日本人。

恥の文化も知っている。

「顎より先端が一番長くて、後ろは頸より少し短めに、直線的なボブカットに。

(むか〜しの、ハリウッドの女優さんがモガ風に刈っていたような…。)」

最後の方は、だんだん声が小さくなって、美容師さんに

「えっ。」とか言われて…

しかし、もともと剛毛でボリュームもあるため、

結局、金太郎さんのような髪型に。

いくらなんでもコレは違う…。

すっごく良く言っても奇天烈レディー・ガガ

 

わたしはそんな目立ち方をしたいわけではない…。

そこでわたしは閃いた。

美容師さんに

「外から見えないところは、刈り上げちゃって、何時もカツラを着けてるようにしちゃってください。」

美容師さんは、ちょっと引いてた…。

「……いいんですか…?」

後頭部から耳の後ろにかけて、短いところは昔の高校野球の五分刈り選手より短い。

 

おかげさまで、今はこんな風です。

 

f:id:coconoo:20160913100545j:plain

………………………ごめんなさい、嘘です。こんなに可愛くありません。

 

このイラストが素敵で、貼ってみたくてこんなお話になりました^_^。

 

(この美しいイラストはcopyright:余白@Twitterさん これで「らくがき」なんですって…ビックリ   pixiv)

他の素敵なイラストもみてみてください。

www.pixiv.net

 

わたしの髪型。時折、街を歩いていて風にあおられると、とんでもないことになりますので、皆様にはあまりお勧めはいたしません。

お題「わたしの黒歴史」

 

余白@Twitterさま。

快くイラスト転載の許可をいただき、ありがとうございます。

 

 

みなさま

今日も、来てくださって、ありがとうございます。