読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

coconoo doll

素敵な大人になりたいものだ。 coconoo doll は、球体関節人形の制作日記です。あと、ガーデニング DIY エンタメも少し。

お淑やかなわたし…^_^。「師弟とは?」

里山の人形師  coconooです。

こんにちは。

f:id:coconoo:20160911140719j:plain

昨日は、ちょっと勘違いのハンサム馬鹿な記事になってしまいましたので、今日はお淑やか(おほほほほ〜笑)な感じで…。

 

昨日は、小雨もありましたが、気温がそんなに上がらず楽でした。

せっかくなので、一日中庭の雑草を抜いていたのですが…

庭の芙蓉や紫式部が盛りで、綺麗だったので、生けてみました。

この季節は、篭いけが常識ですが…、敢えて秋の風情で、錆びた鉄瓶に。

まぁまぁ上手くいったと思っているんですが、写真がどうしようもない…^_^。

 

わたしは以前、華道家の栗崎昇先生に茶花を習っていたことがあります。

花たち―栗崎 作品集

花たち―栗崎 作品集

 

 

とても素敵な先生で、毎回最後にその教室の優秀な生花を茶室に飾って、薄茶をいただきます。わたし以外は、大体なんというか?堂々たる60代70代位の迫力のある働く奥様方でした。

大きな旅館の女将、有名な京都の料亭の女将、料理研究家の第一人者、女優さん…。

わたしのような一般の人も勿論いるのですが…錚々たるメンバーで、何時も緊張していました。ほぼ最年少で可愛がっていただきましたが…。

先生にはよく「それでは、お花が可哀相…。」と言って、手直ししていただきました。

 

習い事というのはいいですよね。

誰かを先生と決めて、いろんなことを教えていただく。

わたしが先生と決めたら、その方は先生なんです。

世の中、その逆だと思っている方が多いようですが…、偉い先生が先にまずいて、そこに弟子が集まる。

そうではなくて、弟子が先生を先生として発見するのだと、わたしは思っています。

何かを学ぶということは、そういうことでしか学べない。

 

これは、わたしの心の師 内田樹先生もおっしゃっていて、

ある中国の故事を引いて、説明されていました。

(原本を探したのですが、見つけられず、うろ覚えですが…)

 

中国に有名な哲学?の先生がいた。その元へ、地域では聡明で有名な男が弟子入りを申し入れると、すんなり受け入れられる。

しかし、先生は何日経てども何も教えてくれない。

ある日、先生が馬に乗って出かけるのに、お付きとして従うと、ある通りで片方の靴が脱げて落としてしまう。

弟子の男は、靴を拾い上げ履かせてやる。

翌日も男はお付きとして従うと、同じ通りで片方の靴が脱げ落ちてしまう。

男は、もしかしてこの先生、ボケているんじゃ…と思って履かせると、もう片方の靴も脱げて落ちる。

その瞬間、「わかりました!」男はひれ伏し、師に許しを請う。

 

物語はこれだけ。

中学か高校の教科書にも、載っていた記憶がありますが、そのときの先生の解説は、歯切れが悪く、ごにょごにょ言っていただけのような…。

わたしも、その時さっぱり意味がわからなかったのですが…。(笑)

 

わたしのブログの読者の方に、84歳でクリスチャンの、既にご主人を亡くされた奥様がいらっしゃいます。

毎日の出来事をとつとつとお書きになっているのですが、それが凄く素敵な文章。脅かしてやろうとか、大きく見せようとか、無理やり楽しませようとか、そんなところが全然なくて、その方を包む空気や生活が伝わってくる。

わたしの読者は、高齢の方が多い。二まわり上の方も珍しくない。

みなさん素敵な大人の方が多くて、ブログ始めてよかったっと思っています。

「ちゃんとした大人になりたいものだ。」は、このブログをはじめて、しばらくしてからの、わたしのスローガンですが、その師(大人の見本)の方は、たくさん既にここにいる。

わたしが師と決めたら、その人は既に師なのだ。

そして、本来なら出会えなかった人に出会える、インターネットの凄く良いところだ。

 

大人や親や学校の先生を馬鹿にし、美容師や漫才師を目指したとたん、実力もない先輩を師匠にする。(笑)

それはそれで、人生遅ればせながらの幸いではあるけれど、もっとはじめから眼が開いて、オープンマインドであれば、もっと早く師に出会える。

 

全然、違う話ですが、昨日わたしの読者になってくださった方のブログで、他の方のページとリンクさせると「互助会だ」と非難されるそうです。

わたしは、最初なにを言っているのかさっぱりわからなかった…。

読んでいてだんだん意味がわかり、腹立たしくなったのですが、ネットを市場だと捉えるのは個人の勝手だが、人に押し付けるな。(怒)

 

これ以上書くと「大人とは何ぞや?」と、説教くさい話になるので、

それはまた、次の機会に。(笑)

 

www.coconoodollblog.net

 

www.coconoodollblog.net

 

 

 

今日も、来てくださって、ありがとうございます。