読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

coconoo doll

素敵な大人になりたいものだ。 coconoo doll は、球体関節人形の制作日記です。あと、ガーデニング DIY エンタメも少し。

カマキリが来た。「にらめっこした^_^。」

里山の人形師  coconooです。こんにちは。

f:id:coconoo:20160824133455j:plain

今日はカマキリが来た。

窓越しにこちらを見ているので、近寄ってわたしが首をかしげると、向こうも同じように首を傾げる。

カマキリは動くモノを見るように出来ているそうで、そうやって少しにらめっこ遊びに付き合ってもらいました。

 

わたしは子供のころから、いろんな虫や鳥に人間として認識して貰えないようで、肩に小鳥がとまってしばらく鳴いていたり、頭にトンボを載せて何キロも自転車で運んだり…。そんなことは普通に当たり前の事だと、かなり大人になるまでそう思っていました。

 

ある日、大学生だったわたしは、腰まである髪を、引っ詰めのポニーテールにして電車に乗ってしばらくすると…、わたしの後頭部からミンミン蝉の大音響の鳴き声が…^_^。

車内がチョット騒然とする中、私は後頭部で髪飾りのように掴まっていた蝉を、逆手で冷静に引き剥がすと、すぐ隣の中年のサラリーマンが連携宜しく窓を開けてくれたので、蝉を逃してやりました。若いOLさん達は「ひっ…」とか声をあげていました。

そんなことがあったと、友人たちに報告すると、そんな事はあまり起こり得ないという事を知りました。小鳥を喫茶店に持ち込んでしまい、パニックを起こした事もあります。わたしが鈍感なのか…?アニメとかで良くあるじゃない…^_^。

 

逆に犬猫、特にまだ小さくて、自分のことを小さな人間だと認識している彼らからは、敵意というか?威嚇されることがしばしばあります。

ある程度、大人になった彼らに出会うと「あら?あなたお一人?ご主人様は?」とか「あら?あなた首輪もなくて大丈夫?」といった顔で、不思議そうにしげしげと見られます。(ホントにそんな顔をする…笑)

 

今日も、ベランダにいると、真っ白な翅に、ステンドグラスのようなくっきりした翅脈を見せた、多分石垣蝶の一種が、わたしの足の甲に止まっていました。

水分や塩分があるのか?5分くらい、わたしが少し動いても気にせず、必死でちゅうちゅうしていました。

同じように、ムカデや蚊に良く刺されるのは如何か?と思いますが…^_^。

 

そういえば、昨日のブログ「coconooブログ 3ヶ月になりました。」が、160PV突破しました。わたしには珍しいことです。

単純にうれしいのですが…ご祝儀PVってあるのかしら…。

そうであれば、みなさまお心使い、ありがとうございました。

 

 

 

今日も、来てくださって、ありがとうございます。