読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

coconoo doll

素敵な大人になりたいものだ。 coconoo doll は、球体関節人形の制作日記です。あと、ガーデニング DIY エンタメも少し。

猫がまた来た。2.「株式会社 日本について」

里山の人形師  coconooです。

こんにちは。

 

f:id:coconoo:20160820143315j:plain

猫がまた来た。いつものあのふてぶてしいヤツだ。

雨の合間に、湿ったブロックの上が涼しいのか?昨日はずっといました。

 

以前、ご紹介させていただいたように、わたしの家は田舎にあって、生活そのものが、意識せずとも里山生活と言えるものです。

www.coconoodollblog.net

たくさんの動物や昆虫が訪れてくれて、楽しいのですが…雪が降れば陸の孤島、雨が降れば土砂災害の心配、森や原っぱは、人の手が入らず、 どんどん荒れて行っています。

 

わたしの師匠、内田樹さんがこんなことを書いてらっしゃいました。

(勝手に心の師匠と、わたしが決めているだけで、師匠はわたしのことは知りません^_^。)

「日本から農家や林業、漁業が失われ、みんなサラリーマンになった。政治のあり方もひとつの国というより、ひとつの企業のような様相で、税金や年金を投資の材料にしている。

国民=サラリーマンは得をすれば称賛し、損をすれば責任者を探す、会社の論理で生きている。

人口の減少、類を見ない高齢化の中で、いつまでも、経済成長という幻影に踊らされているからだ。

これからも経済成長を目指すなら、その方策のひとつに、里山を生活不能のものに追い込んで、人口を都市に集中させるということがある。

道路のようなインフラも郵便のようなサービスも必要なくなり、里山の人間がやってきた物々交換や、助けあって自分たちで必要なものを作ったり、ご近所のお世話をしたり…そんなことも経済活動に飲み込まれ、GDPの計算に含まれるようになるだろう。そして、その政府の思惑は着実に進んでいる。」

もちろん師匠は、そのことに反対しており、批判しているのですが、わたしの要約が下手なので、興味を持たれた方は是非こちらを読んでみてください。

日弁連での講演の「おまけ」部分 (内田樹の研究室)

 

わたしが師匠を師匠と呼ぶのは「ちゃんとした大人」だと、思うからです。

わたしの「ちゃんとした大人」とは、自分で考え、自分の言葉にし、行動し、責任を取る覚悟を持つ人のこと。

わたしは立派でなくて良いから、ちゃんとした大人になりたい。

昨日、リチャードギアさんのブログで、恩送りということを教えていただきました。

(リチャードギアさん、勝手にリンクさせていただきました。問題があれば直ぐ削除します。)

sinsintuusin.hatenablog.com

リチャードギアさんもちゃんとした大人なんだと感じます。

 

先々日のブログで、わたしは良くモノを貰うことを書きました。

www.coconoodollblog.net

 もちろん、お返しは自分なりにするのですが、(筍とか、自分で作った箒とか、壁の修理とか…^_^。)到底貰っている分には及びません。

でも、恩を受けた方だけではなく、それ以外の方にも出来ることは、返して行こうと思っています。

お隣さんは、わたしに「こんな若い方が直ぐ隣りにいる。それだけで心強いんですよ(笑)。」と、言ってくださる。

ここにも、ちゃんとした大人がいる…。

 

 

今日も、来てくださって、ありがとうございます。