読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

coconoo doll

素敵な大人になりたいものだ。 coconoo doll は、球体関節人形の制作日記です。あと、ガーデニング DIY エンタメも少し。

飴ちゃんおばちゃん。

里山の人形師  coconooです。こんにちは。f:id:coconoo:20160818144429j:plain

どうやら、わたしはモノを貰うのが得意で、お友達のお父様から大工道具を貰ったり、田舎から送ってきたのよ、と食べきれない程のトウモロコシを貰ったり、ご近所からは家庭菜園で大切に育てた夏野菜を頂いたり、庭の植栽の手入れをしたので、薪に使いなさい、とか兎に角いろんなモノをよく貰う。旅行してきたからと…お土産はもちろん。

(何がもちろんだろう…^_^。考えたら、ほとんどこの半年にもならない出来事だ。もっと昔からだと書ききれない。)

 

思い出したお話…。

わたしは大阪の堺出身で高校まで、ばりばりの関西人でした。

小さなころから凄い人見知りで、市場に行ったり電車に乗るときは、母親のスカートの裾を握り締めて離さないような子供でした。

(スカートの途中ではなく、必ず裾を握るので、母はスカートが常時捲り上げられた状態で困ったそうです。)

しかし、大阪では電車に乗ったり、母の買い物の後ろに手持ち無沙汰でついていると、

必ず、必ずです。見も知らぬおばちゃんが

「まぁ、かわいい子やねぇ~。いくつ?」

わたしは教えられた、右手でパーをしてみせ、

「5つ?かしこい子やわぁ~。飴ちゃんあげよ。」

と言って、おもむろにハンドバックやポーチから飴を2~3粒取り出し、わたしにくださいました。

母はその様子を見ていて「ありがとうは?」

「……ありがとう。(すごく小声)」

 

わたしがいつも物欲しげだということではなく、(たぶん…)他の地方では知りませんが、大阪では街を行くおばちゃんは、必ず、必ず飴ちゃんをバックに大量にしのばせ、子供に上げる機会を待ち受け、持ち歩いています。

きっと、今も変わらないはず。

あのときのおばちゃんのみなさん、あのころはちゃんとありがとうが言えなくてごめんなさい。

 

写真は、今はまっている、トマトキャンディです。トマト味であまり甘くない、おいしいです。

 

 

 今日も、来てくださって、ありがとうございます。