読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

coconoo doll

素敵な大人になりたいものだ。 九尾ドール 【coconoo doll】は、球体関節人形の制作日記です。あと、ガーデニング DIY エンタメも少し。

無惨な芝生、完璧な芝刈り機。

ガーデニング

里山の人形師 coconooです。

f:id:coconoo:20160807115028j:plain 写真の光り輝く 金象印の手動芝刈り機。

その地面が、ボコボコに刈られた姫高麗の芝生。

 

実はこの5月、「もしかしたらウチの庭も、芝生なんて植えてみたら、この荒涼な荒地感がなくなって、オシャレな都会のカフェの前庭のようになるのではないかしら…?」と思い立って、5坪分くらいの苗を購入。汗水たらして、雑草を抜き、板みたいになった苗を並べました。

それから、3ヶ月で芝生は雑草根性を見せ15cmくらいに茫々と茂り、抜いたはずの雑草と生命力を競っている状態に…^_^。

「ダメだ。芝生舐めてた…。」

そこで購入したのがこの芝刈り機。

amazonではなく、ホームセンターで電動にするのか?充電式か?ハンディタイプか?柄のついたものか?1時間悩んで、結局この昔ながらの手動芝刈り機にしました。

 

これが気持ち良いほど良く刈れる。

ボコボコになったのは、わたしの腕前のせいで、道具のせいではありません。

面白がって何度も刈ったのと、地面と刃の角度を一定に出来なかったせいです。

しかもこの芝刈り機の会社、一回無料で刃を研いでくれるというサービス付き。包丁やノミは自分でも研げますが、芝刈り刃は無理なのでありがたい。それを、POPの謳い文句にせず、取り扱い説明書に書いている奥ゆかしさ。

さすが、スコップの銘品を作っている金象印

 

という訳で、庭はオシャレなカフェには程遠い、毛根までばっさり、ハゲ散らかしたまま(←いつも思うが、すごい表現、わたしは割とハゲ好みだったりします。)何の手入れもしていない頭のようになりました。次は、頑張ります。

 

 

今日も、来てくださって、ありがとうございます。